カートをみる お客様ページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

 

酒粕ついて

酒粕とは??
日本酒などのもろみを、圧搾した後に残る白色の固形物のことです。酒米を醸造すると重量比で25%ほどの酒粕が取り出され、その成分は、水分51%・炭水化物23%・蛋白質13%・脂質・灰分となっており、他にもペプチド・アミノ酸・ビタミン・酵母などが含まれます。

酒粕の歴史
日本酒の製造過程で得られる酒粕は古くは平安時代より、汁粕と塩を用いた粕漬で、瓜や茄子などの味を引き出し長期保存させる方法として使用されてきました。また、魚を使用した粕漬なども食べられていた。江戸時代に入ると「酒粕」はカスという呼び名で呼ばれており、「手握り酒(たにぎりざけ)」という呼ばれ方もしていました。

酒粕を使った主な食品

  • 甘酒 - 簡易的な粕製甘酒の材料。 
  • お酢 -  酢酸発酵させる。
  • 焼酎 -  粕取り焼酎。酒粕のアルコール分を蒸留する。
  • 漬物 -  わさび漬けや粕漬(魚や肉)・奈良漬など
  • 粕汁 -  酒粕のみか、または味噌と混ぜて用いる。

    酒粕

  • 有明漬

    ページトップへ